クレジットカードどれにしようか

ローン支払いは翌月からの何とかなりそう

住宅ローンの支払いが間に合わなくなりました。

 

転職を機に収入が減ってしまったので、生活費のやりくりを見直す必要があります。

 

保険の見直しや支出の見直しは行ったのですが、離職期間があったので、当座の住宅ローンの支払いができません。

 

丁度1か月分支払いができれば翌月からの支払いは何とかなりそうなので、相談に行こうと思いましたが妻に止められました。

 

住宅ローンの支払いに関しては銀行の審査が厳しい為、滞納の相談をしただけでもうるさく言われるそうです。

 

そうと知っていれば他の支払いより住宅ローンの支払いを優先させていたのですが、困ってしまいました。

 

そこで思い出したのがクレジットカードです。

 

アコムのクレジットカードを持っていたのですが、これが元々はキャッシング利用時に発行したカードでした。

 

完済も済んでおり、30万円枠があったので、これを使って住宅ローンの支払いをすることにしました。

 

やりくりの見直しをした直後に新たな返済が出てしまいましたが、とりあえず支払いの遅延はなくなるのでほっとしています。

 

銀行ローンのアコムのクレジットカードは一時解約も考えていましたが、何となくそのまんまにしていました。

 

意外なところで役に立ってくれたので解約しなくてよかったです。

 

カードローンで一番心配なのは利息と返済

 

カードローンの申込みに行ってきました。

 

私の場合は初めての利用だったので、必要なものを電話で聞いてから行きました。

 

仕事をしているかどうかや年齢などを確認し、必要な金額も伝えました。

 

免許証に記載されている住所と現在の住所が同じかを最後に聞かれましたが、特に住所も変わっていないので問題ありませんと答えました。

 

電話口の返答は、申込みは可能なので免許証を持って来れば大丈夫ということでした。

 

ただし、融資可能かどうかは審査の結果次第なので、こればかりはやってみないとわかりません。

 

次の休日は月曜日だったので、さっそく免許証を持って申込みに行きました。

 

受付では礼儀正しい若い女性が対応してくれました。

 

以前にも電話で問い合せて、必要なものを持ってきたことを伝えました。

 

手続きは初めてでしたが、女性は慣れた感じで教えてくれたので助かりました。

 

実はカードローンで一番心配なのは利息と返済でした。

 

カードローンを利用した後の返済がきちんとできるかどうかが不安でした。

 

その女性のスタッフは、利息の計算方法だけでなく、返済期間や月々の返済額についてもわかりやすく説明してくれました。

 

毎月の返済も利息もそれ程でもなく、これなら返済も大丈夫そうだと安心しました。

 

審査も通って、無事に申込みができました。

 

消費者金融と銀行のどちらがいいのか

 

生活費が足りなくて、ついにお財布の中身がなくなりました。

 

とりあえずの生活費としてカードローンを利用しようと思いましたが、消費者金融と銀行のどちらがいいのかがわかりません。

 

消費者金融は金利が高いですが、審査に甘そうなイメージがあります。

 

一方金利の低い銀行は審査が厳しそうで不安です。

 

仕事はきちんとしていますが、正規雇用ではなく派遣です。

 

また、現在1社借入れ中で、そこでの追加融資はすでに断られています。

 

こんな状況なので、銀行は審査に通らない気がします。

 

しかし、利用するなら金利の低い方がいいに決まっています。

 

すでに借入れ中なのはネックですが、月々の返済はきちんと行っています。

 

そこで、まずは銀行のカードローンの審査を受けて、それでだめなら消費者金融でもう一度申し込むことにしました。

 

銀行のカードローンも色々ありますが、インターネットバンキングではネットからでも簡単に申込みができます。

 

また、審査も通りやすそうなイメージがあり、金利も低いので魅力的に見えました。

 

ネットから申込んでみましたが、想像以上にうまくいって、即日で審査が通りました。

 

金利も低く借りることができたので満足しています。

 

ダメ元でも申し込んでみてよかったです。

 

カードローンと付き合う上での必須条件

 

カードローンと上手に付き合っているつもりです。

 

中にはカードローンの使い過ぎで借金が増えていく人もいますが、きちんと付き合えばこれほど便利なものもありません。

 

私がカードローンを契約したきっかけは、飲み会です。

 

飲み会の誘いを断れず、とはいえ手持ちのお金も心もとなかったのでお金を借りることにしました。

 

おかげで楽しい飲み会になりましたが、それからもたまにカードローンのお世話になっています。

 

お金に困った時に、限度額までなら何度でも利用できるのですが、安易に頼るようになると残債はどんどん増えていきます。

 

これは私の個人的なルールですが、一度借入れした後は残債が5万円を切るまでは新たな借り入れはしないことにしています。

 

今のところですが、欲しいものを我慢したりすればそれ程厳しい縛りではありません。

 

きちんと返済しているので限度額の枠も増えましたが、このルールは続けていくつもりです。

 

それでも、困った時にはすぐに利用できるので重宝しています。

 

よく返済に困るという話も聞きますが、これ位の金額であれば月々の返済額もそれ程多くはありません。

 

少ない金額でたまに使うのであれば、リスクもそれ程ありません。

 

借りすぎないというのは、上手にカードローンと付き合う上での必須条件だと考えています。